投稿日:

ザラついてブツブツに見える角栓の種類と改善方法

ザラついてブツブツに見える角栓の種類と改善方法

ふと鏡で顔を見ると鼻や額に角栓が詰まっているのを見つけてがっかりしたことはありませんか?
この角栓は古い角質や落とせなかった汚れが毛穴に詰まったもので、適切にケアが必要です。
今回は角栓の種類とそれぞれの改善方法などについて詳しくご説明致します。

白い角栓

白い角栓は毛穴の表面から白い塊が見えるもので、皮脂腺の多い額から鼻にかけてのTゾーンにできやすい特徴があります。
皮脂腺から排出されるはずだった皮脂が固まり、毛穴の出口にしっかり栓をしてしまった状態になっています。
出られなかった皮脂は毛穴の中で固まってしまうので、表面の皮膚が盛り上がりザラつきを感じます。

白い角栓を解消するには正しいスキンケアが大切です。つぎのポイントに注意しましょう。
・肌に刺激を与えないように、洗顔前に肌を濡らしておく
・肌を乾燥させないために34~36度位のぬるま湯で洗顔する
・しっかり泡立てたきめ細かい泡で毛穴の中まで綺麗に洗う
・肌を乾燥させずに汚れを落とすために34度以下の水でよく洗い流す
・洗顔後はしっかり保湿力の高いジェルクリームで保湿し、毛穴の乾燥を防ぐ

白い角栓を作る原因は「汚れを残すこと」と「肌を乾燥させること」です。
肌は乾燥すると、自らを潤そうとしてどんどん皮脂腺から皮脂を分泌するため、毛穴が詰まりやすくなります。
お肌に汚れが残っていれば、汚れと過剰分泌された皮脂が詰まってしまうため注意してケアしましょう。

ターンオーバーを整える EGF配合ジェル美容液

黒い角栓

小鼻の毛穴を鏡で見た時に黒くブツブツして見えるのが黒い角栓です。
この角栓は小鼻や頬と鼻の間にできやすく、白い角栓が空気に触れて酸化して黒くなったものです。
黒い角栓をそのままにしておくと、徐々に大きくなって毛穴を広げてしまいます。

黒い角栓には普段のスキンケアにプラスのケアを加えてみましょう。
蒸しタオルで毛穴を開く
綺麗なタオルを濡らして電子レンジで温めて毛穴の気になる場所にのせます
オイルでマッサージする
エクストラバージンオリーブオイルを少量手に取り、毛穴の気になる場所に馴染ませて1分置き、汚れを浮かせてからマッサージをします。
洗顔する
しっかり泡立てた洗顔料で顔全体を優しく洗ってください。
保湿する
保湿力の高いジェルクリームで保湿します。ビタミンC誘導体が含まれた化粧品を使うと皮脂の過剰分泌を抑えてくれます。

黒い角栓は長い間毛穴に溜まった皮脂や汚れですので、お肌を傷めないように角栓を取り除くケアを行いましょう。

EGF配合ジェル美容液でラップパック→角栓を柔らかく

微細コメド

ザラついてブツブツに見える角栓の種類と改善方法

微細コメド(角栓)とは、皮膚の内部で発生し、まだ表面に出てきていない直径1mm以下のとても小さな角栓のことです。
見た目にはわかりませんが、徐々に大きく成長して毛穴を詰まらせ、白い角栓やニキビになるので注意が必要です。

微細コメドを予防するには、白い角栓と同様のスキンケアを心がけ、生活習慣を見直す必要があります。
バランスのとれた食事、十分な睡眠、ストレスの軽減、適度な運動などを普段の生活で意識し、血行を促進して新陳代謝を高め、肌のターンオーバーを正常な状態に導きましょう。

正しいスキンケアと規則正しい生活が大切

角栓は間違ったスキンケアや不規則な生活を繰り返すことが原因となって発生します。
どうすれば毛穴の中で角栓ができなくなるかをよく理解し、今までの生活を見直して角栓を作らないよう意識してみましょう。
徐々に角栓ができなくなると、毎日のメイクがとても楽しくなり、自分にも自信が持てるようになりますよ。