投稿日:

【アフターケアを忘れずに】日焼けしてしまった時の対処法

日焼けが与える肌へのダメージ

日焼けを放置して、皮がめくれたり皮膚がピリピリしたりしたことがある人も多いと思います。

日焼けはやけどの一種です。海水浴やアウトドアなど、強力な紫外線を長時間浴び続けてしまうと、刺激が強すぎて皮膚が炎症を起こしてしまいます。
また、日焼けして肌の色が黒くなってしまっても、しばらくすれば白く戻ると思って焼いているかもしれませんが、長期にわたって日焼けを続けている場合は要注意色素沈着してしまったり、年齢を重ねてからシミになってしまうかもしれません。
シミだらけにならないように、日焼けをしてしまったらきちんとアフターケアをしなければならないのです。

冷やしてからうるおい補給が基本!

冷やしてからうるおい補給が基本!

日焼けはやけどと同じような症状ですから、もし日焼けしてしまったらまずは冷水や氷、保冷剤などで冷やしましょう。皮膚が赤くなっているうちはかなり敏感な状態なので、化粧水などは使用しないでください。まずは赤みと熱をとるために冷やし、ミネラルウオーターなどを飲んで内側から水分補給をしましょう。

日焼けした肌は乾燥しやすくなっています。赤みがひいてきたら、外側からの保湿ケアもしっかりと行いましょう。保湿成分を含む美容液などをたっぷりと使って肌にうるおいを補給しましょう。

ビタミンが豊富に含まれる食べ物を食べる

ビタミンが豊富に含まれる食べ物を食べる

即効性はありませんが、ビタミンCやEが豊富に含まれている食べ物を食べると、しみやそばかすを抑えられたり、肌の回復を促す効果に期待できます。ビタミンCはレモンオレンジなど、ビタミンEはアボカド大豆などに多く含まれていますので、積極的に取り入れていきましょう。

日焼けをした後の2~3日はメラニン色素がかなり増えています。肌が荒れている状態ですので、体の内側と外側からしっかり水分補給をして肌を落ち着かせてあげましょう。皮がむけてきても、無理矢理むくようなことはしてはいけません。もう日焼けをしないように、毎日UVケアをするようにしてくださいね。


この記事のキーワード

関連記事

忘れないで!乾燥しやすい「まぶた」のケア

春は「ゆらぎ肌」になりがち!その原因と対策法とは

肌、疲れていませんか?疲労サインとスキンケア方法

どうして? 「口周り」がカサカサ乾燥しやすい理由

オールインワンジェルでスキンケア

お肌の冬支度。オールインワンでラップパック!


2年連続モンドセレクション金賞受賞|【見た目年齢マイナス15歳肌】の秘密。
注目のエイジングケア成分EGF配合。驚きのハリ・ツヤ感

【モンドセレクション2年連続金賞受賞】記念プレゼント♪