投稿日:

春は「ゆらぎ肌」になりがち!その原因と対策法とは

季節の変わり目は、急な乾燥・ニキビなどの肌トラブルが多く発生します。普段はそうでない人も、突然肌トラブルがあらわれることも。それって、もしかして「ゆらぎ肌」かも?ゆらぎ肌の原因と対策方法を解説します。

ゆらぎ肌とは

ゆらぎ肌とは、肌質が一時的に不安定になる状態のこと。
現れる症状はさまざまで、カサつきや吹き出物など、人によってそれぞれ違います。いつも使っている化粧品が突然合わなくったり、急激に肌が敏感になることも。肌のヒリヒリ感、かゆみに悩まされる人も多くなっています。

ゆらぎ肌は元々の肌質に関わらず、誰にでも起こりうるものです。
症状が出るのは、季節の変わり目やストレスを抱えた時など。化粧やスキンケアをしている時に「普段とは違う」「違和感を覚える」と感じるのが、ゆらぎ肌の特徴です。

ゆらぎ肌の原因は季節によって違います。春のゆらぎ肌の原因と解決策とは・・・

↓「ゆらぎ肌の原因と対策」の続きを読む

春のゆらぎ肌の原因

ゆらぎ肌の原因は症状が出ている時期によって違います。春の場合は花粉や寒暖差、急に増える紫外線が主なもの。意外と知られていませんが、花粉は目のかゆみや鼻づまりだけでなく、肌の炎症にもつながります。アレルギーによって肌あれやかゆみを引き起こし、ゆらぎ肌へ繋がってしまうのです。

そのうえ、春は環境が大きく変化する時期です。
疲れやストレスによって体調が崩れ、肌のコンディションを低下させます。睡眠不足や食生活の変化も、ゆらぎ肌の一因と考えられるでしょう。春に多くなる強風も、肌の乾燥やホコリによる刺激を招いています。

ゆらぎ肌の対策法

まずは肌トラブルの原因を徹底的に避けましょう。

ゆらぎ肌になってしまったら
花粉の場合はマスクでガードし、飛散量が多い日は外出を控えるよう心がけて。
紫外線を浴びる機会が多い人は、日焼け止めやUVカットグッズで対策を行いましょう。ただし日焼け止めは低刺激のもの、敏感肌用を選んでくださいね。

ストレスの場合は原因を解消できれば何よりですが、できない場合は発散に努めましょう。
休日は心と体のケアをすることが、意外なほどゆらぎ肌対策につながりますよ。

ゆらぎ肌になってしまったら

ゆらぎ肌の症状が出ている時は、肌のバリア機能が弱くなっています
過剰なケアは避け、優しい洗浄と丁寧な保湿のみに抑えましょう。触り過ぎず最低限のケアで抑えることが、ゆらぎ肌を悪化させないポイントです。

2年連続モンドセレクション金賞受賞|【見た目年齢マイナス15歳肌】の秘密。
注目のエイジングケア成分EGF配合。驚きのハリ・ツヤ感

【モンドセレクション2年連続金賞受賞】記念プレゼント♪

肌がゆらいでいる時はクレンジング剤も刺激となるので、メイクも極力控えて様子を見ましょう。無理にいじらず治すことに専念すれば、ゆっくりと改善していくので慌てないでくださいね。

↑閉じる


この記事のキーワード

関連記事

どうして? 「口周り」がカサカサ乾燥しやすい理由

【アフターケアを忘れずに】日焼けしてしまった時の対処法

手軽で簡単! スプーン美容方法とその効果

肌荒れ禁止! 顔の産毛処理3つの方法

【夏目前】季節の変わり目こそ皮脂ケアが重要

夏目前 季節の変わり目こそ【皮脂ケア】が重要

水を飲むだけ!簡単美活


2年連続モンドセレクション金賞受賞|【見た目年齢マイナス15歳肌】の秘密。
注目のエイジングケア成分EGF配合。驚きのハリ・ツヤ感

【モンドセレクション2年連続金賞受賞】記念プレゼント♪