投稿日:

「3つの原因」と「対策法」で【おでこのシワ】を撃退しよう!

おでこのシワの原因【乾燥】

おでこにシワができやすくなる原因の1つが、乾燥です。
おでこは、皮脂の分泌量が多いパーツであることをご存知でしょうか?

そのため、以下のような間違ったケアを行ってしまいがちです。
■おでこのテカリを気にして洗いすぎてしまう
■あぶらとり紙で皮脂を取りすぎてしまう
■「ベタつくからと保湿はいらない」と判断し保湿を怠る
こういったことにより、乾燥を招きやすい部分でもあります。

このような乾燥によるシワには、保湿ケアが欠かせません。保湿成分が配合されたスキンケア用品で、おでこにうるおいを与えるようにしましょう。
乾燥が気になる場合は、重ねづけした後に手のひらでプレスし、成分をしっかり肌へと届けましょう。

おでこのシワの原因【紫外線】

「3つの原因」と「対策法」で【おでこのシワ】を撃退しよう!

おでこに紫外線を受けることで、肌の内部の真皮にあるコラーゲンやエラスチンなどが壊されることでハリが失われ、シワができやすくなります。保湿をしっかりと行ってもシワが改善されない場合は、紫外線によるコラーゲン断裂が疑われます。

このような状態になってしまった場合は、ホームケアで元に戻すのは難しいと言わざるをえません。
まずは、深いシワを作らないよう一年中日焼け止めを塗る、外出の際は帽子を被り紫外線の影響から守る、といった方法をとることが大切です。

おでこのシワの原因【何気ないクセ】

「考え込む時やスマートフォンを見る時、おでこにシワを寄せている」
このような無意識におけるクセで、おでこにシワが刻まれやすくなってしまいます。同じ表情を日ごろからすることで、シワの形状が記憶されやすくなり、最終的にシワとして定着してしまいます。
まずは、自分がおでこにシワを作るクセがないかをチェックしてみましょう。クセがあった場合は、できるだけそのクセを行わないことが大切です。
さらに、トレーニングでおでこの前頭筋を鍛えることもシワ対策としてオススメです。

■トレーニング方法
1、眉毛の上を人差し指と中指の二本で、シワができないように押さえる。
2、その状態で、眉毛をゆっくり上下に10回動かす。
3、眉毛を上げて10秒キープする。
このトレーニングは、決して時間がかかるものでも難しいものではありません。
気が付いたときに、行ってみてはいかがでしょうか。

おでこのシワはすぐに改善されるものではないため、毎日欠かさずケアと対策を行うことが大切です。いつまでも美しさをキープするためにも、ぜひ行ってみて下さいね!


この記事のキーワード

関連記事

老け顔に見える!口元のしわの原因とケア方法は?

忘れないで!乾燥しやすい「まぶた」のケア

「大人ニキビ」の予防 大切なのは1日の終わり?

ええっ! まさかこんなところに!? 「おでこ」に角栓ができる原因

ええっ!まさかこんなところに!?「おでこ」に角栓ができる原因

ラップパック

オールインワンジェルでラップパックのやり方


2年連続モンドセレクション金賞受賞|【見た目年齢マイナス15歳肌】の秘密。
注目のエイジングケア成分EGF配合。驚きのハリ・ツヤ感

【モンドセレクション2年連続金賞受賞】記念プレゼント♪