投稿日:

早すぎもダメ!?「ターンオーバー周期」を整えよう

短くてもダメ!?「ターンオーバー」とは

短くてもダメ!? 「ターンオーバー」とは


ターンオーバーとは、肌が新しく生まれ変わる「肌の新陳代謝」のこと。
生活習慣の影響や加齢によって周期が長くなることが知られており、20代では28日間、30代では40日、40代では55日程度の周期になると言われています。
ターンオーバーが長くなると新しく肌が作られるまでに時間がかかるようになるため、肌荒れや傷などが治りにくくなります。

また、自然にはがれ落ちるはずの古い角質が肌に長く残ってしまうことで角質が厚くなり乾燥を招きます。
だからと言って「ターンオーバーが早ければ良い!」と考えピーリングなどの角質を取り除くケアを頻繁に行ってしまうのも大きな間違い。

ターンオーバー周期が早すぎると健康な角質層に必要な「セラミド」や「天然保湿因子(NMP)」の生成が追いつかず、未熟な角質層になってしまいます。
未熟な角質層は十分な保水力がなくバリア機能も弱いため、外部からの刺激に対して無防備な状態になることで、肌の乾燥やシミ・シワを引き起こす原因になってしまうのです。

ターンオーバー周期を正常に戻すために必要なポイント

ターンオーバーを遅らせてしまう原因は「睡眠不足」「ストレス」「栄養不足」「血行不良」など、主に生活習慣によるものです。

逆にターンオーバーを早めさせてしまう原因は「誤ったスキンケア」「日焼け」などによるもの。
ターンオーバーの周期を正常に戻すためには、これらのことを気をつけ生活していくことが大切です。
今回は特に注意したい「睡眠」と「誤ったスキンケア」を改善していく具体的な方法をご紹介します。

ターンオーバーを整えるポイント①睡眠

ターンオーバーを整えるポイント① 睡眠

ターンオーバー周期を正常に戻すためには最も大切なポイントとも言えるのが「睡眠」。
肌の新陳代謝は夜寝ている間に行われるためです。

毎日6時間以上の睡眠を取るように心がけ、午後11時〜12時頃には布団に入るようにするのが理想です。
寝る前の飲食や激しいトレーニングなどはなるべく控え、質の良い睡眠を取るようにすることでより効率的に睡眠中の新陳代謝が行われます。

ターンオーバーを整えるポイント②誤ったスキンケア

ターンオーバーを整えるポイント② 誤ったスキンケア

毎日のスキンケアで特に注意したいのは「洗顔のしすぎ」。
洗顔料を使っての洗顔は必要な皮脂や角質層のセラミドなども洗い流してしまうため、1日に1回程度の使用に留めるよう気をつけましょう。

夜の洗顔時には部分メイク用のリムーバーや洗顔料を使いしっかり汚れを落とし、朝にはぬるま湯だけでの「素洗い洗顔」をしていく方法がオススメです。
気になるターンオーバー周期の乱れですが、生活習慣や心がけを変えていくことで改善していくことができます。
日々の暮らしの中に少しだけ「ターンオーバーへの意識」をプラスして、昨日よりもステキな肌になっていきましょう。


この記事のキーワード

関連記事

秋のスキンケアで「お肌の冬支度」を!

鼻の下にできてしまうニキビの原因と対策は?

手軽で簡単! スプーン美容方法とその効果

手軽で簡単! スプーン美容方法とその効果

冬の睡眠術」で冷えを防ぎ、肌ケアを!

「冬の睡眠術」で冷えを防ぎ、肌ケアを!

ラップパック

オールインワンジェルでラップパックのやり方


2年連続モンドセレクション金賞受賞|【見た目年齢マイナス15歳肌】の秘密。
注目のエイジングケア成分EGF配合。驚きのハリ・ツヤ感

【モンドセレクション2年連続金賞受賞】記念プレゼント♪