投稿日:

アイメイクを落とす上で知っておきたい「4つのこと」

「目元は優しく」が鉄則

目元の皮膚はとても薄いにも関わらず、瞬きをしたり、目を細めたりと、目を動かすことで目元に負担をかけてしまっています。
そのため、目をゴシゴシと擦りながらメイクオフしてしまっては、さらなる負担をかけてしまうのです。
このように過度な負担をかけてしまうことで、目元にシワやたるみが発生してしまいます。繊細な目元だからこそ、優しく扱いましょう。

アイメイク専用リムーバーの使用を

アイメイクを落とす上で知っておきたい「4つのこと」

目元の皮膚は頬に比べて、1/3程度しかありません。そのため、顔全体のメイクを落とすクレンジングと、繊細な目元のメイクを落とすクレンジングが同じでは、目元に大きなダメージを与えてしまいます。
アイメイクをオフする場合には、アイメイク専用リムーバーを使用しましょう。リムーバーは、コットンに含ませて優しく目元を撫でるだけでOKです。これだけで簡単にアイメイクが落ちるので、必死に擦り落とす必要はありません。
しかし、使う量を少なくしてしまうと落ちが悪くなってしまうだけでなく、摩擦によりシワを生じさせる原因となってしまいます。
記載されている適量をキチンと使用するようにしましょう。

落ちにくい箇所は綿棒で

アイメイクを落としていると、目尻のアイラインが残ってしまうケースも少なくありません。そんな時は、綿棒にリムーバーを含ませて、優しく内から外へと向かって撫でましょう。目元にシワがあり落ちにくい場合には、指で皮膚を伸ばすようにオフすると落ちやすくなります。

マスカラは塗った時と同じようにオフ

マスカラを塗る際、多くの方が下から上へ押し上げるように塗っていると思われます。
マスカラをオフする際にも同じように、たっぷりとリムーバーを含ませたコットンで下から上へ押し上げるように撫でるのがポイントです。
コツは、コットンを2つに折り、まつげをコットンで挟むようにすることです。
まつげの付け根部分は特に落ちにくいため、マスカラが残っている場合にはリムーバーをたっぷり浸み込ませた綿棒で、優しく撫でるように取り除きましょう。

これらのように優しく丁寧にアイメイクをオフすることで、目元を美しく保てます。
どれだけ美しい顔立ちの人でも、化粧残りや化粧崩れで目元が真っ黒になっていては、台無しですよね。
クレンジングは今すぐ効果を実感できるものではありませんが、3年後、周囲の女性達と自分の目元を比べてみて下さい。きっと効果を実感できますよ。


この記事のキーワード

関連記事

カサカサ目元は印象ダウン! 効果的な目元ケア方法5つ

カサカサ目元は印象ダウン! 効果的な目元ケア方法5つ

意外とやってるかも!? 肌の老化を招く4つのNGクレンジング

ラップパック

オールインワンジェルでラップパックのやり方

忘れないで!乾燥しやすい「まぶた」のケア

ポーチにしのばせたい! 化粧直しにマストな保湿アイテム

化粧直しに便利!ポーチにしのばせたいマストアイテムとは


2年連続モンドセレクション金賞受賞|【見た目年齢マイナス15歳肌】の秘密。
注目のエイジングケア成分EGF配合。驚きのハリ・ツヤ感

【モンドセレクション2年連続金賞受賞】記念プレゼント♪