投稿日:

大人の唇ケア「リップウォッシング」とは?

案外、リップケアってリップクリームを塗るくらいじゃないでしょうか?「リップウォッシング」をマスターして、うるうるリップを手に入れてくださいね!

ご存知ですか?唇は「粘膜」です!

Bessi / Pixabay

えーっ!粘膜ってぬれてるんじゃないの?って思ったあなた!
そうです、濡れていない唯一の粘膜が唇なんです。

当然他の粘膜は、水分で守られています。
でも唇は皮脂も出ないので、水分もなくて過酷な状況にあります(笑)
ところが、お食事のあとはナプキンでゴシゴシ…
お顔は気をつけていても、唇はゴシゴシとふきとっちゃっていませんか?

そして案外、リップケアってリップクリームを塗るくらいじゃないでしょうか?
唇が荒れると、リップクリームを何度も重ね塗り…よくある光景ですよね。
しかし、これを繰り返していると“オイル乾燥“という現象を起こしてしまうことも。
冬だけでなくて「夏も唇が荒れちゃう~」なんてことになりかねません。

大人の唇ケア必須!「リップウォッシング」とは

そしてそして、みなさん!
お化粧落としの時に、唇もクレンジングしてウォッシングしてますか?
意識して唇を洗っている方は案外少ないです。

透明タイプのリップクリームや、口紅(帰宅時には既にほぼ落ちてしまっているでしょうから)は、落とすのをを忘れてしまいがちですが、これらをしっかり落とさないと…
恐ろしいことになってしまうんですよ!

その理由と若々しい唇を保つための対策とは・・・

↓大人の唇ケア「リップウォッシング」の続きを読む

この“残った油”は、蓄積すると、紫外線の影響などで唇の色が変色し、「くすみの原因」になるんです。

そこで、いつまでも若々しい唇を保つために!
クレンジングのあとは、お顔と同じように唇も優しくウォッシング。
唇はデリケートですので、優しくたっぷりの泡でウォッシングしましょう。

荒れているときにはリップパック!

オイル乾燥を防げるので、リップパックにはジェルがおすすめです。
唇だけでなく、唇と肌の間も荒れやすいので広めにジェルをたっぷり
その上にラップを小さく切ってパック。
短くても10分。時間があるときは20〜30分。
ラップを外したら残っているジェルはお顔に伸ばしてください。

これで、かわいい桜色のふっくら唇の出来上がり!

仕上げは春色のリップカラーを。
今年は特にグロスとは違う、ウルウル感があり、保湿効果のあるものがたくさん出ていますよ。
春になると各化粧品会社は口紅の新色を発表します。
綺麗なカラーを見るだけでワクワクしてきますね!
ふっくら潤いリップを手に入れて、最高の笑顔に!

メディカルビューティアドバイザーYOKO

美容メディカルエステ・スクール講師歴19年。エステティックサロンを5店舗経営する傍らFCも展開。

スタイリストから企業研修会社などを経てヘッドハンティングされて美容業界へ。サロンやスクール経営に携わり、美容クリニックのプロデュースする化粧品を開発し、美容・健康協会を立ち上げ、幅広くプロデュース・コンサルティングを手がける。

皮膚理論からの的確なアドバイスで、サロンのお客様はもちろん同業のプロの方からも絶大な信頼を集める。
年々進化する美容・健康業界の最新情報をキャッチし、そこからのアプローチで、内側からの本物の美を広めるメディカルビューティーアドバイザー。多くのモデルや女優も手掛け、現在は人材育成(経営者マインド)にも力を入れている。

ビューティーサロン「ツルティム」


>>YOKOの記事一覧

↑閉じる


この記事のキーワード

関連記事

オールインワンジェルとシリコーンフェイスマスクで顔全体のケア

オールインワンジェルでスキンケア

お肌の冬支度。オールインワンでラップパック!

肌のくすみを作ってしまう原因と緊急対処法とは?

肌、疲れていませんか?疲労サインとスキンケア方法

老け顔に見える!? 「あご」のくすみの3つの理由


2年連続モンドセレクション金賞受賞|【見た目年齢マイナス15歳肌】の秘密。
注目のエイジングケア成分EGF配合。驚きのハリ・ツヤ感

【モンドセレクション2年連続金賞受賞】記念プレゼント♪