投稿日:

「ティッシュ」でできる!? お金をかけずにできる【肌ケア方法】

「ティッシュ」でできる!? お金をかけずにできる【肌ケア方法】

時にタダで手に入るティッシュを使って、毎日の美肌ケアに役立ててみてはいかがでしょうか。
ティッシュを常備していれば、肌ケア時に嬉しい効果も期待できます。
今回は、ティッシュを使ったお手軽肌ケア方法を4つご紹介します。

ティッシュで洗顔後に顔の水気を取る

洗顔後にはタオルではなく、ティッシュを顔に乗せるようにおさえて水気を取りましょう。
タオルはたとえ洗濯したものであっても意外と雑菌が繁殖しているため、顔を拭くと雑菌がお肌に移ってしまう場合があります。
また、タオル地の繊維が顔に刺激や摩擦などを与え、お肌にダメージが生じてしまうことも。
ティッシュで顔を拭けば、適度に水気を拭き取ることができるだけでなく、肌ダメージを軽減することもできます。

メイクに活用

「ティッシュ」でできる!? お金をかけずにできる【肌ケア方法】

メイクをするときもティッシュを活用しましょう。
乳液や日焼け止めを塗ったあとにお肌をティッシュでおさえると、余分な脂が取れてメイクが崩れにくくなります。
マスカラやアイラインがはみ出さないよう、目元にたたんだティッシュを当てながらアイメイクをするのもオススメ。
マスカラのコームがダマになっているときは、ティッシュでダマをきちんと取ればきれいにメイクすることができますよ。

メイク崩れを防ぐ

ティッシュを使ってファンデーションのべたつきや皮脂の浮き、メイク崩れを防止することもできます。
ファンデーションを塗ったあとに、スプレータイプかミストタイプの化粧水を顔にサッと吹きかけましょう。
そのあと顔全体をティッシュで軽くおさえて水気を拭き取ります。
あとはフェイスパウダーかベビーパウダーを軽く顔に叩いて仕上げましょう。
こうすることで、時間が経っても崩れにくいメイクが完成しますよ。

あぶらとり紙の代わりに

一般的なあぶらとり紙は、油脂を取り過ぎてしまう恐れがあります。
オイリー肌だからといってあぶらとり紙を使いすぎてしまうと、逆にお肌の必要な皮脂まで奪ってしまい、結果的に肌荒れやニキビが悪化してしまうことも。
もし顔の皮脂が気になるときには、ティッシュでおさえるようにして取りましょう。
ティッシュをあぶらとり紙の代わりに使うことで、余分な皮脂だけをちょうどよく取ることができますよ。

ぜひ一度ご自宅で試してみてください!


この記事のキーワード

関連記事

【肌のくすみ】4つのタイプ別・くすみの原因と対策

朝晩だけじゃダメ!? 美肌を保つ「昼間のスキンケア」

ポーチにしのばせたい! 化粧直しにマストな保湿アイテム

化粧直しに便利!ポーチにしのばせたいマストアイテムとは

美味しい秋の食材で美肌を手にいれよう

肌の老化リスクは、秋がピーク?!


2年連続モンドセレクション金賞受賞|【見た目年齢マイナス15歳肌】の秘密。
注目のエイジングケア成分EGF配合。驚きのハリ・ツヤ感

【モンドセレクション2年連続金賞受賞】記念プレゼント♪