投稿日:

サビない食生活で若返る

前回の記事で「1年後、5年後のあなたを作るのは今日から食べる物で決まる」と学びましたね。では、何を食べれば「キレイ」になれるのか?とっておきの食材を教えてもらいました。
今、病気や老化の大きな原因の一つと言われているのが「活性酸素」。簡単に言えば、私たちの身体に入った酸素が酸化した(サビた)物なんだけど、これが中々のくせ者。

強い紫外線で、この活性酸素が発生して肌細胞が傷つけば、シミやシワが一気に増えるし、食品添加物や大気汚染、残留農薬、ストレスなんかで、大量発生した活性酸素が、身体中の細胞を酸化させれば、どんどん老化は進み、病気にもなる。まるで、鉄が「サビて」ボロボロになっていくイメージ。身体の中からサビていくなんて、想像するだけで、ゾッとするでしよ。

だから、私たちは毎日「抗酸化力の高い食べ物」を食べて自分の身体がサビないように、お手伝いをしてあげなきゃ、キレイではいられないってことですよね。

で、何を食べればいいの?

↓「サビない食生活で若返る」の続きを読む

はい!この「抗酸化物質」、そんなに特別な物じゃない。実は日頃から口にしている野菜や果物にたっぷり含まれている。だから、今まで以上に積極的に毎日、野菜や果物をせっせと食べていれば安心ってことです。

代表的な抗酸化物質と言えば!

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEとポリフェノール類(フラボノイド、カテキン、イソフラボン、アントシアニン、リコピン)、ゴマグリナンなどですが、こうした栄養素や成分はお互いに協力し合うので、サプリ等で一種類だけ摂る。
というよりも、最初っから数種類含まれている「野菜や果物」を上手に組み合わせて、毎回の食事で摂るのが◎。

スパイス類やハーブにも抗酸化作用があるので、日々の食事に上手に取り入れて下さい。 まあ、好き嫌いもあるかも知れませんが、そこはそれ、「キレイで元気のため」だから、がんばって食べるべし!

ビタミンAを多く含む食べ物
しそ、パセリ、バジル、にんじん、 ほうれん草、かぼちゃ、トマトなど

ビタミンCを多く含む食べ物
アセロラ、赤ピーマン、芽キャベツ、 パセリ、レモン、じゃがいもなど

ビタミンEを多く含む食べ物
アーモンド、モロヘイヤ、 ピーナッツ、ココナッツオイルなど

ポリフェノールを多く含む食べ物
ブルーベリー、ココア、赤ワイン、ぶとう、 トマト、チョコレート、緑茶、大豆、ゴマ、柿など

私の一押しは『ココナッツオイル』

ココナッツオイルの主成分である『中鎖脂肪酸』は体内の抗酸化酵素の働きを強力にバックアップ!活性酸素を効率よく除去してくれます。
また、豊富に含まれている「ビタミンE]も体内の活性酸素を除去する働きを持っています。
ビタミンEと中鎖脂肪酸、2つの強力な抗酸化作用で、健康の維持や長寿に役立つココナッツオイル。
身体の機能を整えることは、もちろん、脂肪燃焼にも欠かせません。
この機会に、普段のお料理に使う油を、ココナッツオイルに切り替えてみてはいかがですか?

出典元/『ひらけ!美の鏡』西日本リビング新聞社

中野ちさと

1958年生まれ。福岡県出身。1977年、ミス福岡。
モデルとしてショーやポスターなどで活躍する。
1985年、日本初のレンタルブティック『21st』をオープン(2016年現在、登録会員数37000人)。
1995年より雑誌にエッセイを掲載、美の達人・ココナッツフーズエキスパートとして講演、セミナーなどで活躍。
2014年、15年には、世界的ミスコン日本代表の美の教育係を担当。
キレイになりたい人のためのプライベートレッスン『美容道場』も人気を博している。
2015年『第8回ミセス日本グランプリ』グランプリ受賞。


著書:
ひらけ!美の鏡』(西日本リビング新聞社)、
ココナッツオイル&低糖質 麗しの最強レシピ』(みらいパブリッシング)

ブログ:
『中野ちさとの美容道場』
ameblo.jp/chisaton21/

Facebook:
facebook.com/nakanochisatobiyoudoujou/
facebook.com/chisato.nakano.18


>>中野ちさとの記事一覧


↑閉じる


この記事のキーワード

関連記事

ココナッツオイルとは?vol.2

美味しい秋の食材で美肌を手にいれよう

ココナッツオイルとは?vol.1

ココナッツオイルの健康&美容効果

食べ物でキレイになる


2年連続モンドセレクション金賞受賞|【見た目年齢マイナス15歳肌】の秘密。
注目のエイジングケア成分EGF配合。驚きのハリ・ツヤ感

【モンドセレクション2年連続金賞受賞】記念プレゼント♪