投稿日:

怖いのは砂糖中毒

日々の食事から、デブのもとである、 「炭水化物」「油脂」、そして!「砂糖」を極力減らすこと。これが、美しい身体作りの基本です。

↓「怖いのは砂糖中毒」を読む

カフェやレストラン、パーティー会場、色んな所で女性達を見てると、ビックりする程、沢山の甘い物を食べてる。スタイルや体型を気にする割には、ありゃ、ちょっと食べ過ぎだろう。と、ホント思う。ま、はっきり言って何も考えてないとしか思えない。

そもそも、デザートプッフェなる「おデブ促進イベント」がこの世に存在して、しかも人気だなんて、私には信じられないですもん。

みなさ~ん、砂糖の食べ過ぎは太るんです。これは事実なの一知ってるでしょ?

分かっているのに、気が済むまで甘ったるいお菓子を食べたい人は、体型なんか気にするのはナンセンス。

さて、女子が甘い誘惑に勝てないのには、ちゃんと理由がある。精製した白い砂糖には中毒性があって、食べれば食べる程、身体がもっと、もっと食べたくなるらしい。「分かっちゃいるけど、止めれないんですぅ~」まるで麻薬みたいですごく怖い!そんな砂糖中毒の人にいきなり、100パーセント甘い物断ちしろ!なんて絶対に無理。

ですが、太らない身体を作るために、理性に頑張ってもらうしかないから、まずは「毎日、甘い物を食べる習慣」を止めること。せめて、2日に1回に減らしてみる。そして、禁断症状で手が震える程、糖分が恋しくなったら、白い砂糖以外の甘い物を食べて、ごまかしてみるんですよ。

私のおススメはバナナやリンゴ等の果物

甘みがあって、お腹も膨らむ。だけど、カロリーは低いから安心して食べられます。ちょっとつまむにはドライフルーツとか、カカオ70%以上のダークチョコもいい。しばらくは騙し騙し、いくしかないけど、そのうちに、おやっ?と思う位、身体が甘いお菓子が食べたいと思わなくなるから不思議なんですよね。

ホラ、中毒なんだから!毒がきれるまでは、お砂糖がたっぷりのケーキやクッキー、おまんじゅうは週1位のお楽しみだけで我慢しといて下さいな。あ、それでも、1回に食べるのは1個だけと自分に誓ってからネ。

そして、お子ちゃまみたいな、甘い飲み物もそろそろ卒業しませんか?オトナだったら飲み物はオールノンシュガーで!

缶コーヒーやジュースの缶1本の中にはティースプーン山盛り4~5杯のお砂糖が入っているんだから、うかつには飲めませんよ。折角、甘いお菓子を我慢しても、ジュースなんて飲んじゃあ、元も子もないですもん…。

どうしても、ど一しても甘さが欲しいときは白い砂糖の代わりに、蜂蜜やメープルシロップ、オリゴ糖、未精製の黒砂糖を使ってみて下さい。

体調も良くなるし、
格段にお肌もきれいになりますから。

出典元/『ココナッツオイル&低糖質 麗しの最強レシピ』みらいパブリッシング

中野ちさと

1958年生まれ。福岡県出身。1977年、ミス福岡。
モデルとしてショーやポスターなどで活躍する。
1985年、日本初のレンタルブティック『21st』をオープン(2016年現在、登録会員数37000人)。
1995年より雑誌にエッセイを掲載、美の達人・ココナッツフーズエキスパートとして講演、セミナーなどで活躍。
2014年、15年には、世界的ミスコン日本代表の美の教育係を担当。
キレイになりたい人のためのプライベートレッスン『美容道場』も人気を博している。
2015年『第8回ミセス日本グランプリ』グランプリ受賞。


著書:
ひらけ!美の鏡』(西日本リビング新聞社)、
ココナッツオイル&低糖質 麗しの最強レシピ』(みらいパブリッシング)

ブログ:
『中野ちさとの美容道場』
ameblo.jp/chisaton21/

Facebook:
facebook.com/nakanochisatobiyoudoujou/
facebook.com/chisato.nakano.18


>>中野ちさとの記事一覧


↑閉じる


この記事のキーワード

関連記事

サビない食生活で若返る

きちんとケアして美肌キープ! 正しい「汗のかき方」とは

大注目の「ケトン体」って何?

グルテンフリーの美活を始めましょう

たった2週間で食べてやせる「ケトン・ダイエット」


2年連続モンドセレクション金賞受賞|【見た目年齢マイナス15歳肌】の秘密。
注目のエイジングケア成分EGF配合。驚きのハリ・ツヤ感

【モンドセレクション2年連続金賞受賞】記念プレゼント♪