投稿日:

アカ抜けないのは髪のせい

今、に満足せずに、さらに!さらに!美しく!を目指して、皆様~頑張って下さいね~★女性は、髪型だけでも変わることが出来ます!

↓「アカ抜けないのは髪のせい」を読む

街中を歩いていると、職業柄、ついつい女性に目が行く。流行の物や、ブランド品を身につけて、それなりにお洒落に気を使っている様子がうかがえるけど、「あら、素敵!」と思える人が意外に少ない。

ファッションはソコソコなのに、「素敵」に見えないなんて、なぜかしら?失礼にならないようにチラ見しながらも、しっかり観察すると、ある事に気がついた。ほとんどの人があか抜けない理由。それは「髪」だったのだ。

どんなにお洒落な服を着ていても、ブランドのバッグを下げていても、髪型がいい加減だと、ゼンッゼン素敵にならない。だって、適当に束ねた髪には、着ている服とのバランスなんて、全く考えていないのが丸分かりの「とりあえずシュシュ」。毛先が整えられているならまだしも、ほつれ髪が、どう見ても世帯やつれにしか見えないんだよね。

ピンやムースやセットスプレーは何の為にあるのかしら?前髪が気になる人も多い。長さもフォルムもいい加減で適当!自分でカットしてる人が多いのか?美容室の腕が悪いのか?どちらかだ。どう考えても自分の顔を少しでも美しく見えるように整える気がないとしか思えない。逆に、とてもお洒落で素敵な人は髪がセンス良く整えられている。

センスというよりも、毛先の一筋まで気を使っているのが誰にでも分かる髪型だ。

これが、面白いことに年齢にはまったく関係なくって、どーかすると、ご年配の女性の方が手入れの行き届いている髪をしている人が多いような気がする。

皆さ~ん、自分の髪の毛先や前髪、巻くとか、止めるとか、とにかくきちんと整えることを今スグ始めて欲しい。

だって、素敵なお洋服やバッグが泣いてるもん。

出典元/『ひらけ!美の鏡』西日本リビング新聞社

中野ちさと

1958年生まれ。福岡県出身。1977年、ミス福岡。
モデルとしてショーやポスターなどで活躍する。
1985年、日本初のレンタルブティック『21st』をオープン(2016年現在、登録会員数37000人)。
1995年より雑誌にエッセイを掲載、美の達人・ココナッツフーズエキスパートとして講演、セミナーなどで活躍。
2014年、15年には、世界的ミスコン日本代表の美の教育係を担当。
キレイになりたい人のためのプライベートレッスン『美容道場』も人気を博している。
2015年『第8回ミセス日本グランプリ』グランプリ受賞。


著書:
ひらけ!美の鏡』(西日本リビング新聞社)、
ココナッツオイル&低糖質 麗しの最強レシピ』(みらいパブリッシング)

ブログ:
『中野ちさとの美容道場』
ameblo.jp/chisaton21/

Facebook:
facebook.com/nakanochisatobiyoudoujou/
facebook.com/chisato.nakano.18


>>中野ちさとの記事一覧


↑閉じる


この記事のキーワード

関連記事

非日常の美エッセンス

1日1.5リットルでキレイになる

ファッションの消費期限って?

あきらめこそが、オバさんへのチカチカシグナル

キレイと素敵は一緒


2年連続モンドセレクション金賞受賞|【見た目年齢マイナス15歳肌】の秘密。
注目のエイジングケア成分EGF配合。驚きのハリ・ツヤ感

【モンドセレクション2年連続金賞受賞】記念プレゼント♪